メニュー

施設案内

レントゲンの胸部経時差分処理システムについて

当院では、現在画像から過去画像の差分を抽出したサブトラクション画像を生成するシステムを導入しております。経時変化の差が確認しやすくなり、病変などの変化がより見つけやすくなります。

詳細はこちら

SONY DSC

 

医療機器

ピロリ菌の検査の流れに関しての詳細はこちらからご確認ください。

静脈可視化装置導入

静脈可視化装置静脈への穿刺ミスを防ぐためにも、「非接触型 静脈可視化装置 Stat Vein」を導入しております。

詳しくは「静脈可視化装置導入について」のページをご覧ください。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME