メニュー

大動脈解離

[2018.01.08]

中膜が変性して同部に血圧や拍動のストレスが加わって内膜が破綻することにより発症すると考えられています。マルファン症候群や大動脈縮窄症、大動脈二尖弁、血管炎などでも起こります。突然の胸痛や背部痛で発症します。痛みが移動することもあります。痛みがなくて失神や麻痺症状のこともあります。血圧の左右差、血圧低値やショック(心臓タンポン症、大動脈破裂、右室梗塞、大動脈弁閉鎖不全、徐脈性不整脈、頚動脈洞反射、左血胸、消化管に破裂、縦隔や後腹膜血腫)をきたすこともあります。分枝動脈の狭窄や閉塞による臓器の虚血症状(脳梗塞による左片麻痺や失神、上肢や下肢の虚血による痛みや痺れ、脱力や痺れ、脊髄虚血による対麻痺や膀胱直腸障害、腸管虚血による腹痛、膨満、イレウス、CPK上昇、腎梗塞による血尿やLDH上昇にも注意します。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME