メニュー

急性心膜炎

[2018.01.08]

原因の多くはウイルス性であるが細菌、結核、真菌、悪性腫瘍、自己免疫、心筋梗塞後、放射線治療、尿毒症、薬剤、外傷でも起こります。急性の、吸気や臥位で増悪し、僧帽筋稜に放散する前胸部痛が特徴です。多くのウイルス性心膜炎では発熱、倦怠感、筋痛等感冒様の前駆症状を認めます。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME