メニュー

甲状腺疾患

[2018.01.07]

甲状腺機能異常症には甲状腺中毒症と甲状腺機能低下症がありますが、その原因は多岐にわたります。甲状腺機能亢進症を伴うものにバセドウ病があります。抗TSH受容体抗体によって起こる自己免疫性甲状腺疾患で甲状腺腫のほか代謝の亢進による症状(暑がり、発汗、体重減少、下痢等)、組織の交感神経感受性の亢進による症状(動悸、息切れ、手指振戦、多動、不眠等)等がみられ、成人の甲状腺中毒症の原因の75%程度を占めるとされます。残り15%は無痛性甲状腺炎、5%は亜急性甲状腺炎で、これらを鑑別します。一方甲状腺機能低下症は易疲労感、眼瞼浮腫、寒がり、便秘、嗄声、便秘、脱毛等がみられます。慢性甲状腺炎や海草などヨウ素過剰摂取、薬剤性等を鑑別します。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME