メニュー

肺塞栓症

[2018.01.07]

下肢や骨盤内の深部静脈血栓が遊離して肺動脈を閉塞することにより肺循環不全および右心機能不全に至る疾患です。症状は急な呼吸困難、動悸、胸痛、失神などで、深部静脈血栓の所見は片側の下肢腫脹や触診での深部静脈の痛みなどで、危険因子としては長期臥床、肥満、妊娠、外科手術、下肢麻痺、下肢骨折、悪性腫瘍、長時間のバス旅行、飛行機旅行などです。頻脈、頻呼吸、低酸素血症、頚静脈怒脹があるのに胸部レントゲンで異常を認めず、説明の出来ない呼吸困難がある場合には疑います。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME