メニュー

ピロリ菌の診断・治療について

ピロリ菌について

ピロリ菌は、1983年に発見され、慢性胃炎の原因となってさまざまな病患の発生に深く関与していることが明らかとなり、2006年にノーベル賞の対象となりました。

わが国の保険診療では、除菌治療がピロリ菌陽性の胃、十二指腸潰瘍だけに限定され、関与が明らかな胃がんの予防に適用されていないことが問題となっています。

ピロリ菌感染が慢性胃炎を引き起こして胃粘膜萎縮が進行することは、今ではよく知られた事実です。内視鏡観察や疫学的研究により慢性炎症や萎縮がある場合は、胃がん発症リスクが5から10倍に上昇することが報告されています。日本ではおおよそ半数の人がピロリ菌に感染しているとされています。一年に約10万人が胃がんに罹患し、約5万人が胃がんで亡くなっています。除菌治療による胃がん発症の正確な抑制効果はまだよくわかっていませんが、胃がん内視鏡治療後の除菌治療の検討では胃がん発症を1/3に減少させることが示されています。

当院でもガイドラインにより、胃カメラ検査でピロリ菌感染症が疑われる方には、希望される場合は自由診療による感染診断、除菌治療および除菌判定をお勧めしています。

当院の治療方針

治療方法は、潰瘍の場合と同じでペニシリンを含む二種類の抗生剤と制酸剤の一週間の内服です。除菌成功率は約8割です。副作用は下痢、軟便、口内炎が2割程度(予防的に整腸剤を併用します)、皮疹、肝障害、出血性腸炎等は比較的低率です。

除菌治療が成功すると胃炎が改善してそれまで抑制されていた胃酸分泌や食欲が回復して、逆流性食道炎や体重増加をきたすことがあることも問題点です。実際除菌後にむねやけで制酸剤内服が必要となる人があります。

除菌後の再感染もありうるとされています。一回の治療で除菌不成功の場合は再除菌(二次除菌)治療で現在のところほぼ除菌が達成されるとされていますが、今後耐性菌にて除菌不成功が増加することも懸念されています。除菌効果は治療薬の影響を排除するために内服終了二ヶ月以上後に判定しますが、重要なことは除菌治療が成功しても胃がん発症が減っても全くなくなるわけではないということです。治療時にわからなかった小さな胃がんがその後増大してくることも考えられますので、治療後も引き続き内視鏡検査等胃癌検診で早期発見に努めることが必要です。(治療が成功すると胃炎所見が改善して胃がんの早期発見が容易となる効果も期待されています)

治療方法について

除菌薬(ランサップ等)を7日間飲み忘れのないように、服用します。下痢や発疹などの副作用が現れることがあります。湿疹がでたり、下痢の程度がひどい時には除菌薬の内服を一旦中止して当院を受診して下さい。

※ 除菌薬セットの中には、胃薬が含まれていますので、除菌中は他の胃薬は服用を中止してください。
※ フラジール(抗生物質)を使用して除菌される方は、除菌中のアルコール摂取は避けてください。

2ヶ月以上経過後、除菌判定のため尿素呼気試験(UBT)を受けて下さい。UBTを受ける日は、午前診なら朝食を、午後診なら昼食を摂らずに絶飲食でお越し下さい。当日は受付で 除菌判定の検査で来院した旨を伝えてください。検査の結果は当日お聞きいただくことができます。

検査の所要時間は20分です。その後、受付の順番通りに診察室にお呼びしますので結果をお聞き下さい。

治療費用について

胃がんの発症予防のためのピロリ除菌はわが国では現在のところ保険診療適応外ですので、ピロリ感染診断、治療薬、効果判定とも自費扱いとなりますが、近い将来欧米諸国同様全てのピロリ菌感染症に適応が拡大されることが期待されています。

・検査費用 約9,000円
・内服薬  約7,000円

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME