メニュー

院長ブログ

LEL(lymphoepithelial lesion)(2018.01.04更新)
増殖したリンパ腫細胞が3個以上の小集簇を呈して粘膜上皮や腺管部に浸潤し、浸潤部の腺管の変型、破壊をきたしている所見です。主として腺窩上皮に認められるが胃底腺組織に認める場合もあります。浸潤細胞がB細胞… ▼続きを読む

伝染性紅斑(2018.01.02更新)
小児が感染すると頬が赤くなるためりんご病。HPV-B19ウイルス感染症で10日前後の潜伏期を経て病初期はウイルス血症による発熱や軽度の多関節痛等非特異的な感冒様全身症状と軽度の貧血(赤芽球前駆細胞を選… ▼続きを読む

結腸憩室炎(2018.01.02更新)
憩室壁に小さな穿孔を起こしていると推測されています。憩室は後天的であるので中年以降の病で小児にはありません。食生活の欧米化に伴ってか20代での発症も珍しくなくなってきました。典型的には緩徐に始まる間歇… ▼続きを読む

虚血性腸炎(2018.01.02更新)
典型的には突然の吐き気を伴う左下腹部痛とそれに引き続く下痢、血便です。女性に圧倒的に多く、夜間から早朝に発症することが多いのも特徴です。エコーでは左側大腸圧痛部の低エコー壁肥厚所見を認めます。右側大腸… ▼続きを読む

リウマチ性多発筋痛症(PMR)(2018.01.01更新)
おもに高齢女性に急性発症する近位筋の痛み(両側上肢の挙上制限や腰でん部大腿部筋痛による歩行障害等、筋痛は必ず両側性であり、必ず近位も含みます。症状が片側性ならPMRではない、遠位筋の痛みもPMRではあ… ▼続きを読む

高安動脈炎(大動脈炎症候群)(2018.01.01更新)
大動脈とその主要分枝を侵す慢性肉芽腫性血管炎です。若年のアジア人女性に好発しますが稀な病気です。炎症による発熱や倦怠感、痛み、食欲不振、体重減少等の全身的な症状が出現することもありますが、一般的には病… ▼続きを読む

帯状疱疹(2017.12.29更新)
小児期に水痘として初感染した水痘・帯状疱疹ウイルスが三叉神経または脊髄知覚神経節に潜伏感染し、数十年の長期間を経て再活性化して、神経支配域の皮膚に一致して水泡を多発します。疼痛を伴いときに皮疹の治癒後… ▼続きを読む

エルシニア腸炎(2017.12.22更新)
豚肉や犬、猫、鼠、鳥類、魚介類などから経口的に感染します。潜伏期間は1から10日です。小腸内で増殖し、組織侵入性でリンパ組織に親和性があり、パイエル板や孤立リンパ小節などのリンパ組織に侵入して増殖しま… ▼続きを読む

パイエル板(2017.12.21更新)
パイエル板は小腸にある孤立リンパ小節の集合体です。腸間膜付着対側に分布して回腸終末部に多くみられます。長さ5cm、幅1cmの小判型で組織学的には粘膜固有層や粘膜下層に腫大したリンパ濾胞の集簇です。上皮… ▼続きを読む

増殖帯(2017.12.21更新)
細胞増殖帯とは組織内で増殖能を有する細胞が領域性をもって集まっている部分のことをいいます。未分化な細胞が分布するところです。消化管では未分化幹細胞は帯状の領域に分布しています。また腫瘍発生の場所とも考… ▼続きを読む

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME